本文へジャンプ

医療法人親仁会 米の山病院

卒後研修について

「 人づくり 」 「 職場づくり 」 を念頭において実際に患者様の要求にこたえられる看護の考え方と技術を身に付けられるよう卒後研修を制度化しています。
就職 1 年目から 3 年目までは担当者を配置し、看護技術 ・ 知識はもちろん、精神的な面のサポート体制も充実しています。

キャッチフレーズ

聴こう ・ 伝えよう、明日をになう看護 〜 キラリと輝る看護 〜

卒後研修内容

卒後研修

1年次目標

研修の様子:1年
  1. 科学的根拠に基づいた知識 ・ 技術を習得する。
  2. 看護業務の実際を、患者様を通して学び 「 医療の安全性 」 について習得する。
  3. 社会人としての自覚やルールを学ぶ。

2年次目標

研修の様子:1年
  1. 患者様を 「 生活と労働の場 」 から見る視点を養い、人間観 ・ 看護観を高める。
  2. 卒 1 の残された課題を明らかにし、もう一度原点に返り基礎を確なものにし、身につける。
  3. プリセプターナースとして成長する。
  4. 「 医療の安全性 」 の学習を深め、マニュアルに沿った看護が実践できる。

3年次目標

研修の様子:1年
  1. リーダーシップを発揮して 「 職場づくり 」 を職責者と共に実践し、民医連運動を積極的に担う。
  2. 他職種と連携を深め継続看護の実践ができる。
  3. 科学的根拠に基づいた看護研究に取り組む。
  4. 「 医療の安全性 」 の学習を深め、安全 ・ 安心 ・ 信頼の看護が実践できる。

職員からメッセージ

私たちの看護の3つの視点

  • 患者さまの立場に立ち
  • 患者さまの要求から出発し
  • 患者さまと共にたたかう看護

私たちの看護の4つの優点

  • 患者さまの生活と労働をみすえ、総合的な視点を持ち看護の継続性を一貫して追求してきました。
  • 命に対する差別が医療に持ち込まれてきています。私たちはあくまでも無差別を追求します
  • 患者さまを中心に民主性を貫いてきたこと。
  • 看護実践の中で患者さまの人権を守り、要求を実現する立場で運動と結び付けてきたこと。


バックナンバー
| 2008年度 | 2009年度 |