本文へジャンプ

医療法人親仁会 米の山病院

看護師をめざすあなたへ

看護師をめざすあなたへ私たちは親仁会看護学生委員会といって、看護師を目指す高校生や看護学生さんへ私たちの医療活動にふれてもらい、多くの学生さんに医療や看護に対する思いを深めてもらう活動と、将来一緒に働く仲間を迎え入れる活動を行っています。


年間スケジュール

  高校生企画 看護学生企画
… 4 月 …
 
… 5 月 …
  • 第4土曜
      高校生看護体験(半日)
  • 病院見学・就職説明会
… 6 月 …
  • 第3・第4土曜
      高校生看護体験(半日)
  • 福岡県連新入看護学生歓迎企画 「 梅のつぼみ
  • 病院見学・就職説明会
… 7 月 …
  • プレミアム看護体験
      高校3年生限定
… 8 月 …
  • 1日病院体験
… 9 月 …
  • 第3土曜
      高校生看護体験(半日)
    模擬面接会
      看護学校受験予定の
      高校3年生限定
… 10 月 …
  • 第3・第4土曜
      高校生看護体験(半日)
    模擬面接会
      看護学校受験予定の
      高校3年生限定
… 11 月 …
  • 第3・第4土曜
      高校生看護体験(半日)
… 12 月 …
  • 第3土曜
      高校生看護体験(半日)
  • 病院見学・就職説明会
… 1 月 …
 
… 2 月 …
 
… 3 月 …
  • 1日病院体験

看護学生委員会活動紹介

高校生のみなさんへ

1.高校生1日病院体験

看護師を目指す高校生を対象に、春 ・ 夏休みに “ 高校生1日病院体験 ” を行っています。参加者の感想として 「 看護体験で目標がはっきりして受験勉強に集中できた 」 、 高等学校に 「 職業選択の一環としてとても役に立っている 」 などの声をいただいています。

2.高校生看護体験

“ 高校生看護体験 ” を毎月第3または第4土曜日に行っています。

3.進路相談

看護学校 ( 看護大学も含む ) へ進学される高校生の方の 「 進路相談 」 「 奨学生制度 」 の相談は、下記連絡先へお問い合わせください。

看護学生のみなさんへ

1.病院実習 ( 夏期・春期)

春 ・ 夏の休暇を利用して 看護体験 やインターンシップ ( 職場体験 ) を受け入れています。
実習の予習・復習や患者さまに多くのことを学び自分の看護観の確立の機会にもなります。また、学校では学べない体験ができ、毎年好評です。
研修メニューについては担当者と相談の上、決めていきます。

2.梅のつぼみ

福岡県内の看護学生を対象に看護学生の集い 「 梅のつぼみ 」 を行っています。
これは、看護学生が集まり看護の勉強や、社会情勢について学んでいく企画です。

3.九州 ・ 沖縄看護学生ゼミナール ( JEWL )

夏休み期間中に九州 ・ 沖縄看護学生ゼミナール ( JEWL ) が毎年開催され、九州 ・ 沖縄地域の看護学生と学習、交流ができる機会もあります。

4.奨学金制度

親仁会では看護学校 ( 看護大学も含む ) に進まれる皆さんを応援する目的で 「 奨学生制度 」 を設けています。詳しくは下記連絡先へお問い合わせください。

5.採用募集

私たちの取り組んでいる医療 ・ 看護活動に共感していただける、看護学生 ・ 看護師を募集しています。詳細は 募集要項 をご参照ください。

福岡・佐賀民医連「看護学生のページ」check

 病院ってどんなところでしょう?
 病気なおすところ?検査するところ?
 私にとっては人と出会うところかもしれません。

 私が看護師になろうと思ったのは、親戚のお姉ちゃんが看護師さんだったことと、私が気管支喘息になって夜中によく病院に行っていたからです。

 高校の看護科・専攻科を卒業して、看護師になり今では十年経ちました。十年と一言で言うけどたくさんの事がありました。初めての病棟、患者さんのありがとう・・・。

 もちろん失敗もたくさんしました。やめようと思ったこともあります。でもやめずにここまで勤めて来たのは、「仲間」がいたからです。どんな時も支えてくれました。仲間はいつも近くにいるので、気持ちが手に取るようにわかるのです。とことん朝まで話したり、気分転換に旅行したり。もちろん後輩には、私がもらった先輩からの優しい励ましと私の経験したことなど、話して一緒に涙することもよくあります。私は仲間がいたからこそ、ここまで勤めてきたのだと思います。

一番学んだ事は、患者さんとの関わりからの優しさ・辛さ・嬉しさです。回復して喜んだこと、治療の甲斐なく亡くなり家族の方と一緒に悲しんだこと・・・・まだまだたくさんのことを学ばせていただきました。看護師だからこその経験です。

仲間たちと  米の山病院に就職して感謝していることは、卒後教育の充実です。専攻科卒業して何も出来ない私に、三年間指導者として先輩が担当してくれました。指導者がいることで、一人じゃない、助けてくれる人がいると思うことが出来ました。訪問看護体験や一日患者体験など、卒後教育があったからこそ出来た経験もありました。

 これから結婚、出産することになっても看護師を続けていきたいと思っています。私が看護師を続ける理由はまだまだ人と出会いたいからかな。

お問い合わせ

医療法人親仁会 本部 / 看護部 看護学生担当
━ 住 所 : 〒837-0924 福岡県大牟田市大字歴木4-65
━ 電 話 : 0944-53-2711
━ E-mail : s-kango@kome-net.or.jp
━ お問い合わせページ : お問い合わせ [ 看護師用 ]