本文へジャンプ

医療法人親仁会 米の山病院

img00

中央診療所

所在地
〒836-0851 大牟田市笹林町2-6-3
お問い合わせ
電話:0944-52-4198 / FAX:0944-51-5024 
E-メール:chuoshin@kome-net.or.jp
診療科目
内科 呼吸器科 循環器科 消化器科 外科 
神経内科 小児科リハビリテーション科 (物忘れ外来)
在宅療養支援診療所
施設について
鉄骨3階無床診療所  患者数…外来 120人/日 通所リハ 13人/日(定員20名)
介護保険事業
通所リハビリテーション(デイケア)
併設事業所
おおむた訪問看護ステーション

アクセス

JR 大牟田駅前通りで徒歩 5 分。大牟田市のほぼ中心に位置しており、親仁会院所の中で最もアクセス面では恵まれた立地条件にあります。その反面、大牟田市立病院や永田整形外科病院など施設規模の大きなものを含め医療機関が乱立する医療過密地帯でもあります。

診療圏

大牟田市の南部地域。国道208号線以東で上官 ・ 大牟田 ・ 駛馬 ・ 米生 ・ 笹原 ・ 天道などの小学校区が通院圏となっています。市の中心部で高齢化が最も進んだ地域であり、通院に苦労している方も多い地域です。

特徴

慢性疾患を抱える患者様の全身管理に力を入れて、疾病の早期発見・早期治療に努めています。 2007年から「物忘れ」外来を始めました。木曜日の午後の診察時に1〜2名 予約を受けつけています。 お気軽にご相談ください。


第一線医療としての外来診療。
特に民医連診療所の特性が色濃く、患者さんの疾病治療のみならず生活背景まで掴んだ医療活動を実践しています。 患者さんと職員の密接な信頼関係は当診療所の特徴でもあります。


センター病院である米の山病院と連携して、「いつでも、どこでも、だれもが安心して良い医療と福祉を受けることができる」という基本理念を実現できるよう努めています。2006年5月からは在宅療養支援診療所(在支診)として、24時間体制の在宅医療を実施しています。
また、当診療所の1階には通所リハビリテーション、2階には物療(リハビリ)室、3階にはおおむた訪問看護ステーションがあり、医療と介護のネットワークを形成しています。また、大牟田市の成人病健診や企業健診、各種がん検診など年間を通じて保健予防活動にも力を注いでいます。
さらに、ありあけ健康友の会の会員さんやセンター薬局と共に毎月1回、勝立マミーズの店頭で無料健康チェック (身長・体重・血圧・骨密度・血管年齢・体脂肪などの各測定)を実施しており、心待ちにされている常連さんも増えてきています。


三井企業の負の副産物である大気汚染公害については、「 公害病患者と家族の会 」 と協力し、被害者救済の立場から 20 年以上の長きにわたり、地域での公害検診を継続して取り組んできました。
その結果多くの潜在患者さんを公害病に認定させ、運動面でも国の指定地域の外に市独自の指定地域を作らせるなどの取り組みに貢献してきました。
指定地域が解除になった後も、慢性気管支炎 ・ 肺気腫 ・ 気管支喘息など多くの認定患者さんの治療にあたっています。


病気がちであり日常生活動作能力(ADL) が低下する高齢者の療養生活を自宅で可能な限り保障するためには、国の制度を改善させることはもちろんですが、現状では医療と介護のネットワークの中で各種のサービスを活用することが不可欠です。
寝たきりなどの通院困難な方に訪問診療を実施しています。
居宅介護支援事業所や他の医療機関と連絡を取り合って患者さんの治療や家族へのアドバイス ・ 相談など行っています。
米の山病院からの退院後の受け入れを行い、終末期医療(ターミナル)や在宅酸素療法(HOT) の患者さんなど重症例にも対応できる実績を持ちます。


通所リハビリは予防介護と介護保険の事業を一体的に運営しています。計画的な個別プログラムに基づき、利用者の皆さんのリハビリと日常生活動作能力(ADL)の維持向上に努めています。特に当事業所は、暖かい家庭的な雰囲気のもとで、利用者相互及び利用者・家族とスタッフの良好なコミュニケーション形成を図ることをなにより大切にしています。また、居宅介護支援事業所や地域包括支援センター、他の医療機関などとの連携に力を注ぎ、地域のネットワークの中で安心して利用できるサービス提供をめざしています。