感染対策指針

1.病院感染対策指針の目的

この指針は、医療関連感染の予防・再発防止対策及び集団感染事例発生時の適切な対応など米の山病院(以下「当院」という)における医療関連感染対策体制を確立し、適切かつ安全で質の高い医療サービスの提供を図ることを目的とする。

2. 医療関連感染対策に関する基本的な考え方

(1) 医療関連感染対策に関する基本的考え方

  1. 当院の感染対策は、医療機関内においては感染症の患者と感染症に罹患しやすい患者とが同時に存在していることを前提に、手厚い医療的なケアを行う際に必然的に起こりうる患者・職員への感染症の伝播リスクを最小化するとの視点に立ち、全ての患者が感染症を保持し、かつ罹患する危険性を併せ持つと考えて対処する「スタンダードプリコーション」の観点に基づいた医療行為を実践する。あわせて感染経路別予防策を実施する。

  2. 個別および病院内外の感染症情報を広く共有して医療関連感染の危険および発生に迅速に対応することを目指す。

  3. また、医療関連感染が発生した事例については、速やかに補足、評価して、事例を発生させた感染対策システム上の不備や不十分な点に注目し、その根本原因を究明し、これを改善して行く。

  4. こうした基本姿勢をベースにした医療関連感染対策活動の必要性、重要性を全部署及び全職員に周知徹底し、院内共通の課題として積極的な取り組みを行う。

(2) 病院感染対策委員会

  1. 医療関連感染対策に関する院内全体の問題点を把握し改善策を講じるなど医療関連感染対策活動の中枢的な役割を担うために、院内の組織横断的な病院感染対策委員会(以下「委員会」という。)を設置する。

  2. 委員会は、病院長、総看護師長、管理師長、外来師長、ICD、事務長、薬剤科長、栄養科長、検査科長、感染予防推進室事務局長、その他病院感染対策委員会が必要と認める者で構成する。

  3. 委員会は毎月1回程度開催する。また、必要な場合委員長は臨時委員会を開催することができる。

  4. 委員会の委員長(以下「委員長」という。)は、病院長とする。ただし、委員長が不在の場合は、副委員長がその職務を代行する。

  5. 委員会は、病院感染対策チーム(以下ICT)・感染症対策チーム(以下IMT)の活動を支援するとともに、対策を要する事案の解決のための方策を策定する。

  6. 委員会が必要と認めるときは、関係職員等の出席を求め、意見を聴取することができる。

  7. 感染予防推進室に室長と事務局をおき、室長は委員長とする。事務局は委員会・ICT・IMTの事務局をつとめる。

  8. その他必要事項は委員会規定(別紙)に基づく

(3) 職員研修についての基本方針

  1. 委員会は、全職員対象に講習会を年2回以上開催する。この講習会では医療関連感染対策に関する教育を行う。

  2. 委員会は、ICT委員を対象に研修会を毎月定例開催する。

  3. 委員会は、必要な場合に、個別、部署単位、全職員を対象に研修会を開催する。

  4. 委員会は、院外の医療関連感染対策を目的とした各種学会、研修会、講習会の、開催情報を広く告知し、参加希望者の参加を支援する。

(4) 感染症の発生状況の報告に関する基本方針

  1. 院内感染とは、病院内で治療を受けている患者が、原疾患とは別に新たな感染を受けて発病する場合を指す。なお、病院に勤務する職員が院内で感染する場合も含まれる。

  2. 当院は毎月ICTが院内ラウンドを行い、リスク事例の把握、評価、周知、対策、指導を行いICT会議・委員会へ報告する。 委員会は年間数回ラウンドし管理職として、専門職として助言・対策・指導を行う

  3. IMTは毎週感染症ラウンドを行い、感染症管理や治療に貢献する。

  4. 当院の細菌検査結果から微生物の検出状況を把握し、IC News・院内LANなどで院内に公示する。

(5) 医療関連感染発生時の対応に関する基本方針

  1. 職員は、院内感染発生を疑われる事例が発生した場合には委員会をはじめとする関係者に通報する。委員会は詳細の把握に努め、必要な場合には委員会・ICT、IMT・専門家の招集を行い、対策に介入する。 感染症の予防および感染症の患者に対する医療に関する法律に規定される診断及び届出の手続きについて担当医師に助言指導する。

(6) 当院の院内感染対策指針の閲覧に関する基本方針

  1. 本指針は、院内LANを通じて全職員が閲覧できる。また、病院ホームページにおいて一般に公開する。

(7) 院内感染対策推進のために必要なその他の基本方針

  1. 職員に当院の医療関連感染対策を周知するため、委員会が別に定めた感染対策マニュアルを院内LANにて配信し、また、紙ファイルでも閲覧できるので、職員はマニュアルに基づいて感染対策を実施する。 また感染対策上の疑義が解消できない場合は委員会、推進室事務局が回答する。

(C) Komenoyama Hospital. All rights reserved.