本文へジャンプ

医療法人親仁会 米の山病院

栄養サポートチーム
[NST:Nutritional Support Team]

NSTの活動

親仁会米の山病院では 2004 年 4 月より全科型の NST を設立し、医師を中心に多職種で活動しています。

NSTの目的

複数の専門職(医師、看護師、薬剤師、検査技師、言語聴覚士、栄養士など)が栄養管理メンバーとなり、専門的知識に基づいた最適な栄養管理に関してチームとしてアプローチすることによって、合併症軽減やQOL(生活の質)向上を計っています。

NST活動内容

毎月1回の会議と毎週(木)回診
栄養についての学習会、学会、研修会への参加
2006年1月よりランチミィーティング開始
久留米大学病院 NST カンファ、回診への参加
NST ニュースの発行:1回/月

NST対象患者

低栄養患者(血清 Alb3.0mg / dl 以下、るいそう著明な患者)
褥瘡を有している患者、食事摂取量不良の患者
経管栄養で問題のある患者(下痢、嘔吐、カロリー不足など)
肥満患者、静脈栄養で問題のある患者など
長期に TPN をしている患者
摂食嚥下に問題がある患者
手術予定者など

これまでの活動経過

2004年 4月 全科型 NST 設立
2004年 8月 オーダーリングシステム導入
2004年 11月 栄養リスクアセスメントシート導入
公開講座形式学習会の定例化を行う
2005年 1月 チュービング食の確立
2005年 2月 日本静脈経腸栄養学会参加
2005年 4月 経腸栄養剤の固形化使用検討
2005年 5月   日本褥瘡学会九州地方会発表
2005年 9月   新日鉄八幡記念病院見学
2005年 9月   全日本民医連運動交流集会発表(2演題)
2005年 11月 電子カルテ稼動
2006年 1月 ランチミィーティング開始
2006年 4月 病棟による入院時栄養アセスメント記入開始
2006年 6月 久留米大学病院 NST 専門療法士実務研修参加
2006年 7月 久留米大学病院 NST 活動研修参加(計4回)
2007年 2月   NST 看護師 栄養サポートチーム
NST 専門療養士認定取得
2007年 2月   日本静脈経腸栄養学会・教育セミナー参加
2007年 8月   看護部全体研修にて NST 学習
2007年 10月   全体学習 活動日にて「 NST について 」
田中 誠医師の講演

 

活動の様子

img
NST:回診風景
img
NST:会議風景