本文へジャンプ

医療法人親仁会 米の山病院

沿 革


親仁会沿革

1955年 「 水田医院 」─開院 ( “ 働くものの医療機関 ” の理想 )
1959年 旧 「 米の山病院 」─設立 ( 名称変更 )
1963年 医療法人親仁会─設立 ( 米の山病院再建 )
1964年 「 中央診療所 」─開設 [ 無床 ]
1965年 「 米の山病院 」─全日本民医連に加盟
1967年 「 中友診療所 」─開設 [ 有床 ]
1969年 老人検診開始
1971年 「 米の山病院 」─被爆者医療の認定医療機関となる
1972年 「 中友診療所 」─病院化 ( 中友病院へ )
  「 中央診療所 」─改築移転
1973年 親仁会協力会─発足
1974年 「 中友病院 」─外科開設 [ 増床 ]
1976年 公害検診開始
1978年 「 米の山病院 」─新築移転 [ 現本館120床 ]
  「 米の山病院 」─救急告示
1981年 在宅医療を本格的に開始
1984年 「 米の山病院 」─新外来棟完成
  「 米の山病院 」─現新館完成 [ 計240床 ]
1985年 「 米の山病院 」─人工透析開始
1986年 「 米の山歯科診療所 」─開設
  「 野ばら診療所 」─開設 [ 無床 ]
1987年 「 中央診療所 」─新築
1988年 「 米の山病院 」─産婦人科開設 [ 計306床 ]
1991年 「 みさき病院 」─開設 [ 87床 ]
1993年 「 老人保健施設くろさき苑 」─開設 [ 100床 ]
  「 みさき病院 」─痴呆病棟開設 [ 計107床 ]
  「 さかき診療所 」─開設 [ 19床 ]
1995年 「 おおむた訪問看護ステーション 」─開設
1997年 訪問看護ステーションよしの 」─開設 ( 2002年統合 )
  「米の山病院」─デイケアセンター開設
1999年 訪問看護ステーション米の山 」─開設 ( 2006年統合 )
  訪問看護ステーションなかとも 」─開設 ( 2002年統合 )
  訪問看護ステーションさかき 」─開設
  「 米の山病院 」─居宅介護支援事業所開設 ( 2011年統合 )
2000年 「 みさき病院 」─居宅介護支援事業所開設 ( 2002年統合 )
  「 老人保健施設くろさき苑 」─居宅介護支援事業所開設 ( 2011年統合 )
  「 中友診療所 」─居宅介護支援事業所開設 ( 2011年統合 )
  「 中央診療所 」─居宅介護支援事業所開設 ( 2002年統合 )
  「 さかき診療所 」─居宅介護支援事業所開設
  「 野ばら診療所 」─居宅介護支援事業所開設 ( 2011年統合 )
2001年 「 グループホームひまわり 」─開設
2002年 「 米の山病院 」─フルデジタルアンギオシステム導入
2003年 「 米の山病院 」─厚生労働省臨床研修病院 ( 管理型 ) 指定
2004年 「 みさき病院 」─米の山病院より病床を移設し147床に
             (米の山病院は219床に)
2005年 「 米の山病院 」─電子カルテシステム稼動
2006年 「 米の山病院 」─医療機能評価機構認定
  「 米の山病院 」─DPC準備病院登録
  「 みさき病院 」─48床を回復期リハビリテーション病棟に変更
  「 小規模多機能施設 いまやまの家 」─開設
2007年 「 米の山病院 」─7:1看護基準取得
  「 米の山病院 」─「政府管掌健康保険生活習慣病予防健診実施機関」指定
2008年 小規模多機能施設 ふかうらの家 」─開設
  「 米の山病院 」─健診車更新
  「 米の山病院 」─DPC対象病院
  「 米の山病院 」─卒後臨牀研修評価機構認定
  医療法人親仁会 第5次長期計画策定
2009年 「 米の山病院 」─CT装置(64列)MRI装置(1.5テスラ)更新
2010年 小規模多機能施設 ねむの里 」─開設
  「 米の山病院 」─ 卒後臨床研修評価機構認定 更新
2011年 東日本大震災発生 医療支援を行う
  「 米の山病院 」「中友診療所」 「野ばら診療所」無料低額診療実施機関に認定
  「 米の山病院 」─医療機能評価機構認定更新
  「 親仁会ケアプランセンター 」―開設
  「 米の山病院 」─RI装置更新
2012年 「 吉野地区地域包括センター 」─受託
2014年 「 訪問看護ステーションさかき 」を、「 おおむた訪問看護ステーション 」へ統合
  「 さかき診療所 」を、無床化
2015年 「 野ばら診療所 」─休止
  「 グループホームひまわり 」─新築移転
  「 中友診療所 」─新築移転
2016年 「 米の山病院 」─新築移転
  熊本地震発生 医療支援を行う